カーライフお役立ちマガジンCAR LIFE MAGAZINE

知っておきたい、車のドアについた傷の修理方法と費用の相場

 
知っておきたい、車のドアについた傷の修理方法と費用の相場

愛車のドアについた傷は直せる?修理の流れと費用を解説

日々の生活で車を使用していると、うっかりドアに傷をつけてしまうことがあります。車のドアについた傷は、放置するとさらに悪化する可能性があります。板金修理で気になる予算や、修理方法について解説します。

目次

車のドアについた傷の修理費用は高い?

車のドアについた傷の修理費用は高い?

具体的な傷の修理費用については、ドアのぶつけた箇所によって変わります。また、傷の度合いによっても費用は大きく変わります。少しだけこすった程度の浅い傷であれば、安ければ数千円台で済むケースもあります。しかし、下地まで到達した深い傷や、傷の範囲が広い傷であれば、修理費用は数万円以上掛かります。ドアの傷の修理費用は、一目見ただけでは分かりづらい小さな傷なのか、へこみまで直す修理なのか、状況によって変動することを覚えておきましょう。特殊なカラーを施した車や、高級車などは、10万円を超えるケースも少なくありません。

■自分でリペアするか、修理工場に依頼するかで費用は変わる

ドアについた傷は、修理方法によっても費用が変わります。カー用品店で売っている傷隠しのタッチペンで補修すれば、手軽に傷を目立たなくできます。もっとも安価な方法ですが、根本的な修理とはいえませんので、傷が大きい場合や広範囲に及ぶ場合は、逆に目立ってしまいます。新車のようにきれいな状態に復元する場合は、専門の板金塗装工場に相談することをおすすめします。ドアについた傷を修理したいと思ったら、「予算」「傷の程度」「仕上がりのレベル」を加味して検討しましょう。

車のドアについた傷は、どこに相談すればよい?

車のドアについた傷は、どこに相談すればよい?

「きれいに修理して欲しい」とお考えの方は、板金塗装のプロに相談しましょう。しかし、これまで傷の修理をしたことがない方は、どこに相談すればよいか悩んでしまいます。車の修理をしてくれるお店は、全国各地にたくさんありますので、修理費用もその分変わってきます。板金塗装の相談をできる店舗の代表例は、以下に記載します。

【傷の修理を相談できるお店】

・板金塗装工場
・整備工場
・カー用品店
・ガソリンスタンド
・ディーラー
・車検専門店

まずは、行きつけの整備工場やガソリンスタンドで、無料見積もりを相談してみましょう。車検のついでに、洗車のついでに傷の見積もりを依頼すれば、手間もかからず一石二鳥です。ドア修理の見積もりを依頼する際の注意点は、一つの業者で決断しないことです。複数の業者に相見積もりを行い、費用を比較してから任せてもよい業者を選びましょう。一概に安ければよいとも言い切れませんので、「対応が親切」「実績が多い」といったように、信頼できる業者を選ぶのがポイントです。

■ディーラーの板金修理は相場より高め

普段、ディーラーに点検整備を依頼している方は、傷の修理もディーラーに任せていないでしょうか?ディーラーは新車販売がメインですので、修理工場を併設していないディーラーは外注作業になります。また、使用するパーツも正規の純正パーツを使って修理をするため、割高になります。板金塗装専門店であれば、中古パーツやOEMパーツ(純正同等品)をユーザーの希望に応じて使用するため、費用を抑えられます。ディーラーがNGという訳ではありませんが、少しでも出費を抑えたい方は、見積もりを比較して検討しましょう。

■修理費用は傷の度合いで大きく変わる

ドアについた傷の度合いによっては、修理費用が数千円で済むものから、10万円を超える修理になる可能性もあります。傷の深さと範囲によっては、古い塗装面の除去や、へこみの修理やパテ埋め作業を行います。その後、塗装と磨き作業が発生しますので、小さな傷でも複数の工程が必要なのです。また、ドアにはさまざまな部品が取り付けられています。「ドアモール」「ガラス」「ウィンドウレギュレータ」「ドアノブ」「ドアヒンジ」など、取り外す部品が多いほど、工賃は割高になります。接触の際、部品が壊れていれば、交換作業も必要になります。特に、高級車など複雑な電子部品を多く使用している車は、部品代や作業工賃だけで見積額が膨れ上がります。

車のドアについた傷の放置は厳禁

車のドアについた傷の放置は厳禁

「修理が高いからそのまま放置しよう」とお考えの方は、リスクを伴うことを覚えておきましょう。塗装が剥がれるほどの深い傷や、塗装が割れている場合、放置することでさらに劣化が進行します。樹脂のバンパーやサイドステップとは違い、ドアは金属で作られています。下地が露出した状態で放置すると、錆が発生します。この錆を放置することで、最悪の場合、腐食が進んでドアに穴が開く可能性があります。水気がドア内部に侵入すると、電気系統へ悪影響を及ぼしますので、早めの修理をおすすめします。特に、沿岸地域、路面凍結剤を散布する地域に住んでいる方は、錆の進行が早いため注意が必要です。

■ドアについた傷が気になる方は、まずは板金修理のプロに相談しよう

「この傷は直すべき?」「修理はいくらくらい掛かるのかな?」と少しでも疑問に感じる方は、気軽に無料見積もりを依頼しましょう。「暇なときに行こう」と思っているうちに、傷の劣化は進行します。傷を放置するメリットは一つもないので、手遅れになる前に相談しましょう。

まとめ

まとめ

車のドアについた傷は、意外に目立って気になります。小さい傷だからと、そのまま放置すると、さらに状況が悪化する可能性があります。どこに傷の相談をすればよいか分からないという方は、お近くのコスモのサービスステーションに足を運びましょう。給油や洗車の合間に気軽に相談できますので、大変便利です。
キズ・ヘコミに関するご相談は、こちらからどうぞ。  

筆者プロフィール

筆者プロフィール

moto

1986年生まれ。自動車整備学校を卒業後、板金屋を経て地元の整備工場で整備士として働く。車業界歴は7年。国内外の乗用車からカスタムカーまで、様々な車を整備してきた知識と経験が強み。整備士を離れた現在は、ライターとして中古車の選び方などを中心にメディアへ出稿。週末は子供と一緒に釣りやアウトドアを楽しんでいます。

キズ・ヘコミに
ついて詳しく見る

記事一覧へもどる