カーライフお役立ちマガジンCAR LIFE MAGAZINE

知らないと損!車を傷つけられたときに取るべき対処法とは?

 
知らないと損!車を傷つけられたときに取るべき対処法とは?

車を傷つけられたきに取るべき行動とは?

愛車を傷つけられたら、状況に応じた対応が求められます。当て逃げで傷つけられたとき、加害者が判明しているときとでは、対処法が変わります。本記事では、車を傷つけられたときの手順を解説します。

目次

車を傷つけられたらときの対処法

車を傷つけられたらときの対処法

どんなに大切に車を運転していても、当て逃げなどは防ぎようがありません。もしも愛車を傷つけられたときは、焦らずに以下の要領で対処しましょう。

■当て逃げの場合はまずは警察に連絡

「駐車場で傷つけられた」「買い物中に傷つけられた」など、知らず知らずのうちに傷つけられたという話はよく耳にします。個人で犯人を特定するのは至難の業ですので、まずは警察に連絡しましょう。被害届を提出しないと、基本的に警察は捜査してくれません。ドライブレコーダーを装着している場合や、近隣に防犯カメラが設置してあれば、犯人を特定できる可能性があります。防犯カメラの映像を検証する場合、警察の要請がないと捜査できませんので、すみやかに連絡することが大切です。もし、車を傷つけられたときに加害者がいた場合でも、その場で示談をせずに警察へ連絡しましょう。警察を間に挟むことで、「言った言わない」といったトラブルを防げます。また、車両保険に加入している場合は、警察に連絡した後に、契約している保険会社にも連絡しましょう。車両保険を使用するかどうかは、保険会社の担当者と相談しながら決めることをおすすめします。

傷つけられた部分は保険で直す方がお得?

傷つけられた部分は保険で直す方がお得?

加害者がその場にいる場合は、相手側の保険で修理ができます。しかし、当て逃げなどで傷つけられた場合は、実費か保険で修理することになります。ここでは、知らず知らずのうちに傷つけられたときの修理方法を紹介します。

■当て逃げの場合は自分の保険か実費での修理となる

当て逃げした犯人が特定できない場合、残念ながら自己負担で修理することになります。かすり傷程度であれば、市販のコンパウンドやリペアキットでも傷を目立たなくできます。しかし、一目で分かるようなへこみや深い傷の場合、早めに修理しないと錆の原因になります。錆を放置すると、酸性雨などでボディーが腐食するため、最悪の場合、穴が開いてしまいます。下地が露出した大きな傷は、自己補修では難しいので、修理のプロに相談しましょう。傷つけられた車の傷は、車両保険を使うか実費で修理するか悩むところです。まずは、修理箇所の見積りを出してもらい、等級ダウンとのバランスを確認しましょう。保険会社の担当者に相談すれば、車両保険を使用した場合の、翌年の等級を試算してくれます。小さな傷であれば、保険を使用しない方がお得なケースもありますので、慎重に検討しましょう。

「車を傷つけられた!」となる前にできる対策とは?

「車を傷つけられた!」となる前にできる対策とは?

もしものときに備えるため、360°撮影可能なドライブレコーダーを備え付けておきましょう。走行中に発生した事故を録画するイメージがありますが、駐車中の衝撃にも反応して録画できます。ドライブレコーダーを設置しておけば、すぐに気づかないような傷でも、録画して証拠を記録してくれます。暗闇でも撮影可能な赤外線ライト付きや、人の動きを感知する動体検知カメラなど、最新のドライブレコーダーは高性能なものが多いのが魅力です。また、カーセキュリティーも、いたずら防止に一役を買うため効果的です。センサーが点滅してアピールするものや、車に近づくだけで警告するセキュリティーなど、予算に応じて検討してみましょう。車を傷つけられる前に、予防できる対策は手を打っておくことがポイントです。

■車を傷つけられたとき、修理はどこに依頼すればよい?

すでに車を傷つけられたという方は、修理を依頼する業者選びも重要です。安さを重視するのか、仕上がりを第一に考えるのか、まずは考えましょう。その際、複数社で相見積もりを行うと、納得感が得られやすいので、面倒くさがらずに行いましょう。普段利用しているガソリンスタンド、車検を依頼している町工場など、信頼している業者に相談するとよいでしょう。ディーラーや中古車販売店など、車を売ることがメインの業者ですと、中間マージンで割高になる可能性がありますので、相見積もりでチェックしたいポイントです。併せて注意したいのが、安く済まそうとDIYで修理すると、失敗して状況が悪化する可能性があるので、筆者の経験上、おすすめできません。

まとめ

まとめ

どんなに大切に車を乗っていても、当て逃げなどのトラブルは避けられません。もし、車を傷つけられてしまったら、「加害者がいるのか?」「保険を使用するのか?」といったことを思い出しましょう。傷の相談については、お近くのコスモのサービスステーションで、無料の見積りができますのでご利用ください。
キズ・ヘコミに関するご相談は、こちらからどうぞ。  

筆者プロフィール

筆者プロフィール

moto

1986年生まれ。自動車整備学校を卒業後、板金屋を経て地元の整備工場で整備士として働く。車業界歴は7年。国内外の乗用車からカスタムカーまで、様々な車を整備してきた知識と経験が強み。整備士を離れた現在は、ライターとして中古車の選び方などを中心にメディアへ出稿。週末は子供と一緒に釣りやアウトドアを楽しんでいます。

キズ・ヘコミに
ついて詳しく見る

記事一覧へもどる